平成28年度大分県循環型環境産業創出事業費補助金3次公募のお知らせ

BY IN 未分類 NO COMMENTS YET

今回の募集は10月末で終了しました。


大分県では、県内で排出される産業廃棄物等を地域資源として活用する循環型環境産業の育成を図るとともに、産業廃棄物排出事業者の負担軽減による競争力強化を図るため、産業廃棄物等の再生利用及び発生抑制・減量化の事業化に要する経費の一部を補助しています。
現在、次のとおり3次募集が行われていますので、お知らせします。

なお、応募締切が10月末となっていますので、応募をご検討中の方は早急に大分県工業振興課へご連絡されるようお勧めします。


補助対象者

県内に事業所を置く事業者、県内に事業所を設置しようとする事業者(複数の事業者が共同で実施する場合を含む。)、及び県内に事業所を置く事業者で構成された協同組合等法人格を有する団体のうち、以下の要件を満たすもの。

(発生抑制)
製造施設・処理施設の新設または増設、製造方法・処理方法の改善等により、県内における産業廃棄物の発生を抑制するもので、県内への波及効果が期待できるものうち、次のいずれかの要件を満たすもの
(1)従来と比較して、発生抑制効果の向上が期待できるもの
(2)産業廃棄物の発生抑制に関する先導的な技術を有するもの

(減量化)
製造施設・処理施設の新設または増設、製造方法・処理方法の改善等により、事業所外への廃棄物の排出を削減し、県内における産業廃棄物の排出量を減量するもので、県内への波及効果が期待できるもののうち、次のいずれかの要件を満たすもの
(1)従来と比較して、減量化効果の向上が期待できるもの
(2)産業廃棄物の減量化に関する先導的な技術を有するもの

(マテリアルリサイクル)
県内で排出される産業廃棄物等の原料としての再生利用に係る事業を行うことにより、県内への波及効果が期待できるもののうち、次のいずれかの要件を満たすもの
(1)処理が技術上困難な産業廃棄物等を再生利用するもの
(2)発生量が多く、効率的・経済的な処理ができない状態の産業廃棄物等を新規な処理方法を導入することにより、付加価値の高い製品として再生利用するもの
(3)産業廃棄物等の再生利用に関する先導的な技術を有するもの

(サーマルリサイクル)
県内で排出される産業廃棄物等の熱としての再生利用に係る事業を行うもの


補助対象経費

本工事費、付帯工事費、機械装置・工具器具費、設計費、その他の経費
(ただし、補助金交付決定後に支出した経費のみが対象となります。)

補助率

(1)一般支援
(1)発生抑制、減量化、マテリアルリサイクル
2分の1以内
ただし、1件あたり1,500万円を上限とします。
(2)サーマルリサイクル
2分の1以内
ただし、1件あたり750万円を上限とします。
(2)廃プラ支援
(1)発生抑制、減量化、マテリアルリサイクル
2分の1以内
ただし、1件あたり750万円を上限とします。

補助対象となる事業期間

交付決定日から平成29年3月31日まで

補助予定件数

数件程度

募集期間

平成28年10月3日(月曜日)~平成28年10月31日(月曜日)

詳細は大分県のホームページをご覧ください。


申し込み先・問い合わせ先

大分県商工労働部工業振興課 エネルギー政策班 佐藤主事

Tel 097-506-3263

Fax097-506-1753

E-mail  sato-reiko@pref.oita.lg.jp

Comments are closed.